Prev
Prev
Next
Next

manekko_title

今回のせんせいは、ダンスカンパニー「珍しいキノコ舞踊団」主宰の伊藤千枝さん。 作品発表の他に、映画『めがね』やUA「黄金の緑」などの振付けを担当しています。 最近では珍しいキノコ舞踊団メンバーが新CM「ニチレイ・アセロラ」シリーズに 女優の仲里依紗さん、お笑いタレントの光浦靖子さんとともに登場。 かわいらしくてユニークな“アセロラ体操”を踊っています。 今回のあきちのがっこうは、秋葉原に新しくオープンした 「3331 Arts Chiyoda」にて行われました! 「3331 Arts Chiyoda」は旧練成中学校を改修して、 なんとこの日にグランドオープンしたスペース。 さまざまなジャンルの第一線で活躍するアーティストやクリエーターたちが それぞれの表現を自由に発信する場所として今注目されています。 さぁ、ワークショップがスタートです! 自分の手をこすって温め、体をさすったり軽く叩いたりする ウォーミングアップから始まりました。 手足をブラブラと揺らし、体をほぐすことでこどもたちの心もほぐされていくようです。 その時! 伊藤せんせいから 「考えてみよう! 4本足で歩く動物ってなぁんだ!?」 という質問が。こどもたちから 「ネコ!」「イヌ!」「馬!」などと声があがります。 「じゃぁ、馬になって歩いてみようか!」という伊藤せんせいの声で こどもたちの“まねっこダンス”がいつの間にかスタートしていたのです。

manekko_1

教室内にはユニークでかわいい動物がいっぱい!伊藤せんせいのお題はゴリラやカニ、カエル、金魚、鳥…までは生き物でした。

 しかし、またもさりげなくこうきたのです。 「じゃぁ、バスは!?」 「バスぅ!?」と驚きながらも、タイヤや四角い乗り物を作ろうとするこどもたち。 ここからは生活用品や食べ物などのお題が始まりました!

manekko_2
洗濯機というお題では、数人で組んでドラム式洗濯機(?)を表現する子も。 「それじゃzooだよ〜!」という池田さんのツッコミに、みんな爆笑!

ソフトクリーム、お豆腐、納豆、ラーメン…とお題が続きました。 普段ではしたこともないような動きをしながら、お友達と触れ合う“まねっこダンス”に こどもたちは魅了されているよう。 「これからは私のものまねをしてくださーい!」 伊藤せんせいが言いました。

manekko_3
伊藤せんせいのまねっこをするこどもたち。足を上げたり、壁を叩いたり、 四つんばいで移動したり、寝転がったり…。体を使って遊ぶことの楽しさを実感!
manekko_4
「次はこのお兄さんのまねっこをしてください!」という伊藤せんせいから 突然任命された池田さんでしたが、すぐに踊ってくれました。さすが!

休憩の後、伊藤せんせいが言いました。 「次はちょっと違うことをして遊びたいと思います。目の前にあるモノをまねっこして! そのモノになりきって動いてみよう」 教室の一角に用意されていたのは、ボール、フリスビー、靴、服、ラケット、楽器、カツラ、 じょうろ、帽子、炊飯ジャー、ドライヤー、タイヤのチューブ、雑誌、コップ、植物など、 どれもこどもたちが見たことのあるものばかり。 2人1組になり、このなかからひとつ選んでの“まねっこダンス”が始まりました!

manekko_5
服の動きを見ながらまねっこ。自分が“まねっこ”だと思えば、それが正解なのです。

おもちゃなどなくても、自分の体さえあれば十分に遊べることを 伊藤せんせいやこどもたちが実証してくれた2時間。 身体力や想像力のすばらしさを感じさせてくれました。 伊藤せんせい、こどもたち、ありがとうございました!!

manekko_6
みんなから「楽しかった!」という声。また“まねっこダンス”しようね!

文:小久保よしの 写真:森王子

1page_space

大塚いちおWS<br/>『植物園で絵を描こう。』

大塚いちおWS
『植物園で絵を描こう。』
大塚いちおワークショップを開催いたしました。
ゆかいWS<br />最後の晩餐

ゆかいWS
最後の晩餐
赤坂オフィスでの最後のワークショップ。
稲葉まり個展<br />YumeruHEN

稲葉まり個展
YumeruHEN
アニメーション作家稲葉まりの個展『ユメルヘン』を開催いたします。
グループ写真展<br />beautiful

グループ写真展
beautiful
かくたみほ、加藤アラタ、羽田誠、吉川雅人。若手写真家四人によるグループ展。
珍しいキノコ舞踏団WS<br />まねっこダンス

珍しいキノコ舞踏団WS
まねっこダンス
ワークショップまねっこダンスを開催いたしました。