Prev
Prev
Next
Next

※今回のワークショップは、雑誌・WEBでの記事掲載、Ustreamでの映像配信、CM出演およびCM放映など、お子さんの肖像権の許諾に関して、事前に保護者様にご了承いただいた上で実施しております。 今回のせんせいは、 広告キャンペーンなどで活躍中のアートディレクター・秋山具義さん。 TOYOTAやPARCO、SHARPなど、みなさんも見たことのあるCMを 数多く手がけていらっしゃいます。 具義せんせいが参加者のこどもたちといっしょに、なんと、 ホンモノのCMを作ることになりました! ご協力いただいたのは「こどもビームス」さん。 制作スタッフも豪華です。 第一線で活躍するパパ、ママクリエイターも多く集結! 映像ディレクター(演出):中村剛さん(CAVIAR)。 カメラマン:池田晶紀さん+ゆかいチーム。 スタイリスト:moriyasuさん、沼尾智子さん。 音楽クリエイター:石塚親さん。 ヘアメイク:鈴木れなさん。 ちなみに中村さんの参加は、twitterのつぶやきから実現! ワークショップに参加したいという中村さんのつぶやきに、あきちのがっこうがRTしてご協力をお願いし実現しました。 さぁ、どんなCMができあがるんでしょうか! まずは、CMのコンテと香盤表(こうばんひょう)の説明がありました。

gugi_1
なんとこの日のために2カ月間準備をしたという具義せんせい。こどもたちは体験したことのない「CMづくり」の世界に興味津々!

そしていよいよ作業開始!イラストをみんなで描き、実際にCMのなかで使われる Tシャツイラストのイラストレーターが選ばれました!

gugi_2
真剣な表情でTシャツに直接イラストを描いていく、こどもイラストレーター。その手からキュートなイラストが生み出されていきました。

こどもイラストレーターが自らのお仕事をする間、こどもモデルは着替えを、 こどもスタイリストはリボンなど撮影に使う小物作りを、こどもカメラマンアシスタントは 撮影準備を、こどもアシスタントディレクターは小道具準備を…と、 みんなで分担して作業を行っていきます。

gugi_3
撮影に使う紙吹雪を準備中。ほんとうはすぐにでもコレで遊びたいけれど、その気持ちをグッとこらえて…。

ついに撮影スタートです!大人だけだと緊張感が漂いがち(?)な撮影ですが、 今日の現場は「あきちのがっこう」色。大人のほうが準備に時間がかかってしまい、 こどもカメラマンアシスタントから「早く〜!」なんて声がかかる場面も。 みんな真剣ながらも、こどもたちの明るいパワーで笑いの絶えない現場になりました。

gugi_4
撮影中に具義せんせいはCMに使用する写真を選び、編集さんが同時進行でどんどん作業をしていきました

最後にみんなで紙吹雪を散らして、撮影終了です!

gugi_5
こどもの“本気”と大人の“本気”が融合した数時間。みんな本当によく頑張りました!!

撮影が終わるや否や、具義せんせいより「CMができあがりました!」と発表が。 こどもも大人も、息をのんで全員がモニターに注目します。 …そして。「うわぁ〜!!」「おもしろい!!」「こうなったのか〜!!」 会場内は大歓声と大拍手!「もう1回!」と何度もリピート再生。 みんなで作業した小さなカケラや撮影の一瞬がひとつの物語になったことに、 感動と達成感が生まれました。 このCMはBEAMSのオフィシャルサイト、こどもビームスの店舗で上映されます。 今回はustreamで生中継するなど新しい試みもいろいろあったワークショップでした。 なによりホンモノのCMをたった4時間でつくりあげたなんていま考えると あきちのがっこうにとってもホントに奇跡のような体験でした。 具義せんせい、こどもビームスさん、クリエイターのみなさん、そしてこどもたち どうもありがとうございました! 文:小久保よしの 写真:森王子

1page_space

大塚いちおWS<br/>『植物園で絵を描こう。』

大塚いちおWS
『植物園で絵を描こう。』
大塚いちおワークショップを開催いたしました。
ゆかいWS<br />最後の晩餐

ゆかいWS
最後の晩餐
赤坂オフィスでの最後のワークショップ。
稲葉まり個展<br />YumeruHEN

稲葉まり個展
YumeruHEN
アニメーション作家稲葉まりの個展『ユメルヘン』を開催いたします。
グループ写真展<br />beautiful

グループ写真展
beautiful
かくたみほ、加藤アラタ、羽田誠、吉川雅人。若手写真家四人によるグループ展。
珍しいキノコ舞踏団WS<br />まねっこダンス

珍しいキノコ舞踏団WS
まねっこダンス
ワークショップまねっこダンスを開催いたしました。