Prev
Prev
Next
Next

小さい頃はどんな子どもでしたか?

外に遊びに行くより、家の中にいるのが好きで、「子どもは風の子だから」って親に言われて、仕方なく外に遊びに行くような、基本的にインドアな子どもでした。モンテッソーリの教育法※を取り入れた幼稚園に通っていたんですけど、お遊戯というより、個人でものをつくったり、お仕事といって何か作業をしていました。 豆をひろって、ビーカーにいろんな液体をまぜていくとか、こっちからあっちに移すとか、お裁縫のようなことをしたり、何かに没頭することを教えるような幼稚園でした。

※20世紀はじめにイタリアのマリア・モンテッソーリによって考案された、子どもの知的好奇心が自発的に現れるような、「自由な環境」を提供することを重要視した教育法。

(写真・左)幼稚園で作業に没頭する稲葉せんせい。 (写真・右)幼稚園で作品づくりにはげむ稲葉せんせい。

昔から絵を描いたり、何かをつくったりするのは好きだったんですか?

小学校で夏休みの工作の課題に、関節の動くマリオネットをつくっていったことがあったんですけど、他のみんなは箱の中に魚がつってあるとか、簡単な作品が多くて、自分だけ本気すぎて恥ずかしかった思い出があります。 でも子どもながらに手応えを感じた出来事だったかもしれません。

小学生の稲葉せんせい。 飼っていた犬に当時の自分の服を着せてみたところ。

今回、ワークショップをはじめてやってみて感想は?

ワークショップをやるなら本格的なものにしたいと思っていました。片手間ではなく、ちゃんと思い描いたイメージに近づけようと準備して、実際にそれに近いカタチができたので達成感がありました。ホームパーティーをやった時に感覚がすごく似ていて、おもてなしをして楽しんで帰ってもらった時の満足感みたいな。いままで意識したことなかったけど、けっこう「もてなす」こととか好きなのかなって思いました。

まだこれはこうあるべきだというのが固まっていないから、子どもって凄いと思う。思ったことを言うじゃないですか。うたちゃんが今からはじまるという時に外に出たいとか、自分の感じたことを全力で表現している、すべてが丸出しというか。何か裏表がない感じとかもすごい面白い。どう思われ るとかあまり気にしていない。自分の感情を丸出し状態というのがおもしろい。 いま、逆にちびっ子とすごく分かり合えるような気がするんです。自分自身考え方がちょっと変わってきて、子どもとつながるプラグを持てた気がします。学校でも社会に出てもそうですけど、こうしなくちゃいけないからと、自分にブレーキをかけちゃうけど、最近そうした「たが」が外れはじめて、自分の思うものに近づけるために正直に行動していくと、子どもの「脳みそ」の状態になっているようで、だから彼らの考え方に前よりも共感できるような気がするんです。

今後ワークショップをするとしたら、どんなことをしたいですか?

自分の中で理想としているワークショップは、自分自身も、子どもたちもいっしょにびっくりできるもの。ここまではつくったことないみたいな。そういう意味で殻を破るような瞬間があればいいなと思います。いままでこの枠の外でこういうものもあるんだと気づくような瞬間を体験してもらいたいし、いっしょに体験したいです。

ワークショップでおこなったコマ撮りアニメは、後日オープニングのアニメと参加した子どもたちのクレジットを入れて完成。DVDにして子どもたち一人ひとりにプレゼントしました。
1page_space
大塚いちおWS<br/>『植物園で絵を描こう。』

大塚いちおWS
『植物園で絵を描こう。』
大塚いちおワークショップを開催いたしました。
ゆかいWS<br />最後の晩餐

ゆかいWS
最後の晩餐
赤坂オフィスでの最後のワークショップ。
稲葉まり個展<br />YumeruHEN

稲葉まり個展
YumeruHEN
アニメーション作家稲葉まりの個展『ユメルヘン』を開催いたします。
グループ写真展<br />beautiful

グループ写真展
beautiful
かくたみほ、加藤アラタ、羽田誠、吉川雅人。若手写真家四人によるグループ展。
珍しいキノコ舞踏団WS<br />まねっこダンス

珍しいキノコ舞踏団WS
まねっこダンス
ワークショップまねっこダンスを開催いたしました。